《アナザーエデン・外典》テユール・メナス戦

《アナザーエデン・外典》テユール・メナス戦

アナデン 外典最終話のラスボステユール・メナス戦の動画のご紹介です。

ご紹介する動画はこちらになります。

動画名:《アナザーエデン・外典》テユール・メナス戦
投稿者: 冷凍かれー 様

——-以下概要欄より引用——-

無課金マッタリプレイで進行していくアナザーエデン外典での『テユール・メナス』との初撃破の動画になります。
(試行数3回で終了)

★5メンバーの所持状況は『再生リストの概要欄』にて公開しています。興味がありましたら是非みてね(*´∀`)

メンバー構成(西方キャラメイン)

チルリル ミストレア(動画初参戦)
クラルテ ユナ顕現
ロゼッタ 
メリナEXヘカトンケイル(動画初参戦)

月1回ペース程度の更新頻度で進行していた外典でしたが一応の終着点になります。

初見の動画を出したかったのですが、予想していたよりもボスが強く勝機すら無くなってしまったので、仕切り直しをして本格的な対策をして挑むことになってしまいました。
(初見からPT変更はありません)

初見レベルの戦いでは『クエストの適正レベル』が低いのもあり、適当にデバフを撒いていれば勝てると予想していたのですが、思いの外に被ダメージ量が高く、終盤ではメンバーの半数が脱落して達成不能な位に追い詰められていたりします。
(動画にする予定も無かったのですけどw)

本戦に限らず外典は全進行で『西方キャラ』で固めていて、一応の『保護者枠としてユナ顕現』を連れています。

デバフが一応出来れば初見でも何とか出来るだろうと思っていたのですが、最後で崩れてしまいましたね。。。。w

本戦では一応西方キャラが優位には立てるのですが『強キャラは扉キャラ』になっているので所持状況に依っては苦戦するかもしれません。

配布レベルで戦うなら、クラルテやスカルが適正になりますが、スカルはともかくクラルテは火力難なので長期戦やごり押しがあるかと思います。

一応クラルテはどの場面でも最低限の仕事があるので、この辺りは運営さんの優しさと受け取れる部分かと思っています。

動画の内容を軸に感想しますが、開幕から複数の標的があり、各部位を破壊してから本体にダメージを入れる流れにはなっています。
過去戦ではミロクに近いものはあります。

部位には西方3属性がそれぞれ弱点になっていて効率良く落とすには西方キャラを使用しなければいけません。
居ない場合は『クラルテが全てに対応できる』のでAFゲージ確保も兼ねて必ず編成しておきたいものです。

西方以外ならヴィクト、スカルは一応起用出来るので枠に余裕があれば編成も良いかもしれません。

火力面以外では、部位の固定ダメージ(にみえる?)と共に手痛い本体の全体攻撃があり、耐性バフ無しではメンバー脱落の危険があったりします。

属性攻撃のアイコンはあるので、全属性耐性バフを常に掛けておき、ヒーラーは常に前線に置いておく必要はありそうです。

ヒーラーが引いても良いのは開幕時の部位を破壊した後、本体単独になった時が一番安全かと思っています。

敵は30%ラインでストッパーがあり、到達ターンで再度部位を復帰させてきます。

動画では3回目の仕切り直しになっているので調整してAF使用をしていますが、無対策だとメンバー脱落が一番危険な部分かと思っています。

基本の流れは開幕と一緒ですが、AFゲージを温存しているなら、ここで一気にAF使用で各部位を全て叩くのが無難なのかもしれません。

部位破壊が終わるまでは本体へのダメージは全て無効だったりするのですが

メリナEXのAF最後の『EX技』は
『耐性に関係無く一定のダメージを与える』特性があります。

これは無効耐性にも貫通し、ストッパー30%後で使用すれば部位と一緒に落とすことができたりします。

耐性に関係無くダメージ。。。なので
『当然ストッパーは越えることが出来ない』ので注意が必要でしょうか。
(ストッパーは耐性ではありませんからね)

メリナEXが居ること前提の難易度では無いので必須ではありませんが、今後も固定ダメージ系の技は出てくるはずなので何時かは使用機会があるかもしれませんね。

ここ以外ではメリナEXがアタッカーで組まれるのは当面先でしょうかね。。。
打ZONEが使えれば運用機会は多いですが、居ないと基本は回復や支援がメインなのですよね。
魔ZONE編成では『腕力デバフ』が出来るアタッカーがガリユしか居ないので、一応の席は確保はできますが。。。

一方ミストレアはバランスが良く、無課金にも優しい突メンバーでしかも火力も申し分無しです。
無貌戦ではロゼッタASと同レベルの適正があり、かなり活躍してくれます。
回復には物理耐性バフもあり、回復グラスタを入れれば本格的なヒーラーとしても運用できる優等生です。

MP事情がやや厳しいのはありますが、補強すれば長期戦にも対応はできる範囲です。
突メンバー共通の弱点としては『多段スキルが少ない』ことですかね。


アナザーエデンカテゴリの最新記事